工場の仕事とは?3つのポジションについて分かりやすく解説

製品づくりに直接関わる!オペレーター

オペレーターまたは作業者は、製造ラインに立ち、材料の投入や部品の組み立て、製品の加工などを行います。直接、ものづくりに携わることができます。同じ作業を繰り返し行うので、淡々とこなせる人に向いています。また、加工や組立だけでなく、できあがった製品の検査や、種類別に箱詰めするなどの仕事もします。

製造ラインへ部品を供給!フィーダー

製造ラインでの作業が滞らないためには部品供給が欠かせません。フィーダーの仕事は、製造ラインのオペレーターへ必要な部品を届けることです。重い部品などは台車を使用したり、フォークリフトを運転したりして運びます。製造ラインは一連の流れなので、作業が1ヵ所でも止まってしまうと全ての工程に影響が出てしまいます。そうならないためにも部品供給(フィーダー)の仕事は重要な役割を担っているといえます。

製造ラインを円滑にサポート!スーパーバイザー

スーパーバイザーは製造ラインの管理者のことです。具体的には、製造ラインや作業に不具合がないかの点検、生産スピードの調整、製品全体の品質チェックなどを行います。また、何らかの原因により製造ラインが止まってしまった場合や、オペレーターの急な欠員などへの対処もスーパーバイザーの大切な仕事です。

どのポジションも必要不可欠

オペレーターやフィーダー、スーパーバイザーはどの役割をとっても工場の仕事に欠かせないポジションです。工場の仕事探しをするうえでは、どんな製品を作るかだけでなく、どのポジションにつくかでも仕事内容は大きく異なります。あなたに合った工場の求人を見つけるためには、各ポジションの仕事内容について、理解を深めておく必要があるでしょう。

utエイムは、製造業に対して人材派遣や請負事業を行っている会社です。生産技術エンジニアの派遣や外国人受け入れ支援事業にも力を入れていて、これらのサービスをワンストップで提供していることが特徴です。