プラントエンジニアになるにはどんなスキルが必要?

機械設備に関する専門知識や技術を持つ人は就職に有利

プラントエンジニアは、国内外の民間企業の工場において、機械や電気、化学といった様々な領域で活躍が期待されています。特に、規模が大きい工場にある機械設備に関する専門知識や技術を持つ人については就職時に有利になることがあり、採用後に責任のある業務を中心に担当することが可能です。プラントエンジニアに求められるスキルは、工場内で扱われている主な製品の種類や、生産設備のタイプなどに大きく左右されます。そうした中、就職後に理工学系の学部や研究科で身につけたスキルを発揮したい人は、在学中から色々なメーカーの求人に目を通したり、現場で働くプラントエンジニアの業務内容や役割について理解したりすることが大切です。

海外の有名企業の勤務経験を持つ人は重宝されやすい

海外の有名企業でプラントエンジニアの勤務経験を持つ人は、グローバルにビジネスを展開している国内のメーカーで重宝される傾向が見られます。たとえば、海外に多数の事業所を構えるメーカーにおいては、語学に長けた人や国際感覚がある人、コミュニケーションスキルが高い人などを高待遇で迎え入れているところが珍しくありません。そのため、海外でプラントエンジニアとして培ったノウハウやキャリアを役立てるうえで、求職中にそれぞれのメーカーが必要としている人材について把握することが大事です。その他、求人に応募が可能な条件は、各メーカーが主に扱う事業の内容によってバラつきがあるため、慎重に採用選考に向けて準備をしましょう。

プラントの求人は、各地の生産工場内で機械類の円滑な動作のために必要なスキルを持った人材を求めるものが目立ちます。